司法書士による自己破産手続き

司法書士に依頼した場合

自己破産の申し立ては、もちろん自分ですることもできます。では、なぜ安くはない報酬を払ってまで司法書士に依頼をするのでしょうか?

自己破産は申し立てをすれば、全てが終わるというものではありません。

申し立ても裁判所に受理されなければいけませんし、受理されたあとも免責決定を受けることができなければ借金はなくなりません。

司法書士に依頼すれば煩雑な書類の作成も全て代わりにしてくれますし、書類も依頼者に最も適したものを作成し、確実に免責を受けられるようにバックアップしてくれます。

また、依頼者が一番不安に感じている債権者からの過酷な取立ても、司法書士に依頼をすればすぐに止めてもらうことができます。

報酬も分割払いに応じている事務所がほとんどですし、法テラスを利用すればそれほどの負担になることはありません。よって、自己破産は司法書士に依頼されることをオススメします。

司法書士と協力して準備を進める

司法書士に依頼をして債権者からの請求が止まったことで安心してしまい、その後の必要書類の収集に協力してくれない依頼者の方がいます。

司法書士に依頼をしたからといっても、裁判所に申し立てをするには依頼者の方の協力が必要で、こちらが収集をお願いした書類を集めて頂けないと手続きを進めることができません。

自己破産のご依頼をお受けしてよくあるのが、いくらお願いをしても書類を集めて頂けず、最終的には連絡も取れなくなり辞任に至るというパターンです。

こういった場合はいくら手続きを進めたくてもどうすることもできませんので、ご本人も司法書士に依頼をしたからといって安心せずに、裁判所から免責決定を受けるその日までは気を抜いてはいけません。

よって、自分一人で手続するのに比べれば、司法書士に依頼をした方が圧倒的に負担は軽減されますが、だからといって裁判所に提出する書類の収集などは司法書士と協力して進めていく必要があるので、依頼をすればあとはすべて任せて何もしなくてよいというわけではありません。

自分で自己破産の申し立てをする場合

司法書士や弁護士に依頼をせずに自分で自己破産の申し立てをした場合は、実際に裁判所に申し立てをして受理されるまでは債権者からの書面や電話による請求が止まることはありません。

この点、司法書士などに依頼をした場合と比べると雲泥の差があります。

そもそも、返済することができなくなった債務者の方にとって、まず一番重要なことは日々の請求から解放されて平穏な日常を取り戻すことです。

この点、司法書士などに依頼をすればすぐにすべての債権者に対して受任通知を送って請求を止めてくれますが、自分で申し立てをする場合は実際に裁判所に申し立てをして受付が受理されて、その受付の受理票を債権者に郵送するまでは請求が止まることはありません。

一般的に自己破産の申立書類を準備するのに最低でも1~2か月はかかるので、その間の請求が止まるかどうかは債務者の方にとって非常に重要なポイントとなります。

実際に自己破産の申し立てを司法書士などに依頼をしないで自分でおこなう方は現在においてはほとんどいないと思われますが、ご相談に来られる多くの方が1日でも早く請求から解放されたいと思って、そのまま依頼をしているのが現実です。

請求が止まらないと精神的にも非常に不安定な状況が続き、自己破産の準備にも多大な悪影響があるので、よほどのことがない限りは司法書士などの専門家にお願いすることをおすすめします。

司法書士に依頼するメリット・デメリット

メリット デメリット
① 面倒な書類の作成をすべてやってもらえる ① 報酬を支払わなければならない
② 債権者からの取り立てがなくなる
③ 免責を受けられる確率が高い
④ 何よりも安心を手に入れることができる

お気軽にお問い合わせください

受付時間:平日9時~18時
電話番号:043-203-8336

メールでのお問い合わせはこちら