オリンポス債権回収の「弁済要請」

「弁済要請」が届いた場合の対処法

オリンポス債権回収とは

オリンポス債権回収は、法務大臣の許可を受けた債権回収会社(サービサー)です。つまり、借金の回収業務を専門におこなうことを国から認められた会社ということです。

よって、オリンポス債権回収からの請求はいわゆる架空請求とは異なりますので放置するのは得策ではありません。

なお、オリンポス債権回収が直接、債権を譲り受けて請求してくる場合と、債権者から回収業務の委託を受けて請求してくる場合があります。

もともとの借入先で多い会社

オリンポス債権回収は貸金業者ではありませんので、もともとの借入先は別の会社です。ご相談が多いのは当初の借入先がアプラスの場合です。CFJ(ディック、アイク)、武富士の場合もあります。

アプラスから合同会社OCCに債権が譲渡されて、OCCがオリンポス債権回収に業務委託している事例の相談が増えています。

アプラス → OCC → オリンポス債権回収

時効の場合が多い

信販会社からのキャッシングやショッピングにも時効があります。もし、5年以上返済をしていないのであれば時効によって支払い義務を免れることができるかもしれません。

そこで、オリンポス債権回収から請求を受けた場合、まずは時効の可能性を検討する必要があります。

「弁済要請」の中に【請求債権に関する表示】がありますので、そこの「最終約定弁済期日」を確認してください。もし、この日付が5年以上前であれば時効の可能性があります。

時効の場合は「請求債権合計」に記載されている元金と遅延損害金を合わせた合計金額を一切支払う必要がなくなります。

電話をしない

時効の可能性がある場合はオリンポス債権回収に電話をしないようにしてください。電話で分割払いの話などをすると債務の承認となって時効が中断するおそれがあります。

時効が中断する行為

☑ 電話で返済に関する話をする

☑ 和解契約書にサインする

☑ 借金の一部を振り込んでしまう

時効の中断とは、それまでの時効期間がリセットされることを意味します。ただし、電話で話をした程度であれば、必ずしも債務の承認といえない可能性もありますので、まずは諦めずにご相談ください。

請求を放置した場合

時効は放っておいても自動的に成立することはありません。よって、5年以上返済をしていないからといって、何もせずに放置しているだけでは請求が止まることはありません。

オリンポス債権回収の場合、時効の手続きを取らずに放置していると、支払督促という裁判手続きを起こしてきたり、自宅まで取り立てに来ることがあります。

実際に裁判所から支払督促が届いてから当事務所にご相談される事例も少なくありません。

時効の援用手続きを取る

5年以上返済をしていない場合は、内容証明郵便などの書面でオリンポス債権回収に時効の通知を送る必要があります。これを時効の援用といいます。

時効の援用をすることによって、初めて時効が成立し、借金の支払い義務がなくなります。しかし、相手は借金回収のプロですからご自身での対応にはリスクが伴います。

もし、ご自分で時効の援用手続きを取るのが不安な場合は、当事務所までご相談ください。時効の中断事由(直近10年以内に取られた判決など)がない限りは、確実に時効の援用をおこないます。

もし、すでに裁判所で判決などを取られていて時効が中断している場合は、そのまま分割和解に切り替えることも可能です。

当事務所にご依頼された場合

☑ 中断事由がなければ確実に時効の援用をしてもらえる

☑ 本人への直接請求が止まる

☑ 時効の条件を満たしていない場合は分割和解の交渉もできる

☑ 支払督促の手続きもお願いできる

※ 遠方にお住まいの方は内容証明作成サービスで対応可能です

お問い合わせ

当事務所はこれまでに2000人を超える方の借金問題を解決しており、オリンポス債権回収への時効実績も豊富です。

オリンポス債権回収から請求が来てどうしてよいかわからない場合はお気軽にご相談ください。

千葉いなげ司法書士事務所

お電話 043-203-8336(平日9時~18時)

業者別の対応

お気軽にお問い合わせください

受付時間:平日9時~18時
電話番号:043-203-8336

メールでのお問い合わせはこちら