昔の借金の請求が来たら消滅時効、相続放棄で対応する

長い間支払いをしていなかった借金について、住民票を異動したこと等がキッカケで債権者や債権譲渡を受けた新たな債権者、あるいは回収業務を委託された債権回収会社から督促状が届く場合があります。

最近は架空請求も多いので聞いたことがない会社名だと架空請求と勘違いしてしまいがちですが、昔の借金の場合は債権譲渡されていることが多いですし、債権者自体は変わっていなくても債権回収会社(サービサー)に回収業務を委託している場合が珍しくないので、知らない債権者だからといって架空請求と勘違いしないようにしてください。

多くの場合は、督促状の中に請求内容の表示が書いてあるので、そこの元々の借入れ先が載っていることもあります。

架空請求ではないとわかった場合は本当に支払義務があるのかどうかを検討します。

一般的に貸金業者からの借金は5年で時効になります。

5年のスタート地点は最後に返済した日からです。

督促状の中に「約定返済日」「次回返済期日」「期限の利益喪失日」といった項目があれば、その日から5年以上経過しているかどうかチェックしてください。

もし、すでに5年前の日付であれば時効の援用ができる可能性があります。

督促状には「○日以内に連絡をください」等と書いてありますが、時効の援用ができる場合は電話をしてはいけません。

なぜなら、時効は最後の返済から5年経過したからといって自動的に成立するわけではなく、内容証明郵便などで通知しなければいけないからです。

すでに5年以上経過している場合でも債務者が借金を一部弁済したり、支払いについての話をした場合は債務の承認となり時効が中断してしまいます。

時効が中断した場合はそれまでの時効期間がすべてリセットされ、またゼロからのスタートとなってしまいます。

そのため、債権者はすでに時効期間が経過しているにもかかわらず、時効制度を知らない債務者の無知に乗じてダメもとで督促状を送ってくるわけです。

実際にある話ですが最後に返済したのが10年くらい前で、その後は支払いができなくなった借金の債権者からある日突然、携帯に電話が来ることがあります。

当時と番号が変わっていてもかかってくる可能性がゼロとは限りません。

もし、いきなり電話がかかってきた場合、動揺してしまってうまく対応できないと思いますが、一番大事なポイントは借金の返済について一切の言質を与えないということです。

もし、電話口で支払いの約束をしてしまうと、借金の支払いについて認めたことになり、時効の中断事由の一つである債務の承認に該当する可能性があります。

用意周到に債権者が電話を録音していると、こちらが内容証明郵便で消滅時効の援用をしても録音テープを証拠に訴えてくるかもしれません。

よって、いきなり電話がかかってきても「今は忙しい」などと言ってすぐに切るのが無難です。

事前知識がないと落ち着いた対応は現実的に難しいと思いますが、今後電話がかかってくる可能性がある方はこれを機に安易に債務を承認しないように十分に気をつけて頂ければと思います。

借金を何年も返済せず、その後、債権者からの督促も次第になくなり、安心していたのに、ある日突然、債権者から催促の手紙が届いたというケースでは、本人もどこから借入れしていたのかハッキリと覚えていないことも珍しくありません。

そうなると、負債総額がいったいいくらあるのかわかりませんので、任意整理できるのか、自己破産せざるを得ないのかの判断ができません。

仮に、自己破産をするにしても、あとから債権者が漏れていたことが発覚するとまずいので、事前にすべての借金を把握しておく必要があります。

しかし、ご本人は記憶も薄れているため、思い出すにも限界があります。

そういった場合には、信用情報機関に自分の借入れに関するデータを開示してもらうのも一つの手です。

こうすることで、自分が忘れていた借金が発覚するかもしれません。

ところで、何年も返済をしていないようなケースでは、損害金が元金を上回っていることも珍しくありません。

また、何年も返済をしていなかったような場合だと、相手の貸金業者も今さら分割返済に応じてくれるとは限りません。

なお、最後の返済から5年以上が経過していると消滅時効の主張ができる場合がありますが、まだ、5年経過していなかったり、すでに判決等の債務名義を取られているような場合は、時効の主張はできません。

よって、何年も返済しておらず、消滅時効の主張もできないようなケースでは、任意整理の可能性が低くなり、

その結果、個人再生や自己破産を選択することになるケースも多いのが実情です。

ただし、多額の借金を残した亡くなった方の相続人は家庭裁判所に相続放棄を申し立てることで亡くなった被相続人の借金を背負わなくて済みますが、これには期限があってその期間は意外と短いです。

先日、相談を受けた方から「1年くらいは大丈夫ですか?」と聞かれましたが、それよりも全然短いです。

相続放棄の期限は一部例外はありますが3ヶ月以内です。

よって、自分の親が亡くなってから3ヶ月以内に相続放棄の申立てをしないと借金を背負うことになります。

参考までに相続放棄と借金の時効、過払い金の時効をまとめておきます。

相続放棄 ⇒ 相続開始から3ヶ月

借金の時効 ⇒ 最後の返済から5年

過払い金の時効 ⇒ 完済から10年

厳密には、ケースバイケースのところがあるので、詳しくは司法書士等の判断を仰ぐ必要があります。

相続放棄や借金の時効援用、過払い請求ならお気軽にご相談ください。 

お気軽にお問い合わせください

受付時間:平日9時~18時
電話番号:043-203-8336

メールでのお問い合わせはこちら