アイフルの「優遇処置のご案内」

アイフルの借金を滞納していると・・・

一括返済する代わりに損害金を一部(全部)免除

アイフルの借金を滞納し続けていると「優遇処置のご案内」が届くことがあります。そこには以下のような記載があります。

一括返済 ⇒ 請求金○○○円のみで完済と致します。
○ 一括返済の場合、利息・遅延損害金を減額し上記記載の金額のみで完済と致します。
○ 有効期限を超過されますと、本来の請求内容にて請求させて頂きます。
           問合せ有効期限 平成○○年○○月○○日

この場合、一括で返済をする代わりに損害金の一部もしくは全部が免除されているので、一見するとお得な感じがしますが、すぐにアイフルに電話をするのは危険です。

まずは時効の可能性があるかどうかを検討する

借金にも一定期間返済をしていないと支払わなくてよくなるという時効制度の適用があります。借金の場合、最後の返済から5年以上経過すると時効になります。

よって、アイフルから優遇処置のご案内で請求を受けた場合は、まずは時効かどうかを確認する必要があります。

確認方法は【現在の請求内容】の「約定弁済期日」の日付が5年以上前かどうかをチェックします。もし、ここの日付が5年以上前であれば時効の可能性あるのでアイフルへの連絡は控えてください。

時効が成立した場合、利息や遅延損害金はもちろん元金についても一切支払う必要がなくなります。よって、いくら大幅に減額されていても決して返済しないようにしてください。

電話をすることのリスク

借金の時効制度は刑事事件の時効と異なり、時効期間の経過によって自動的に成立することはありません。つまり、単に最終返済から5年が経過しただけでは、まだ借金の支払い義務は残っています。

そればかりか、時効期間が経過している場合でも、借主が支払いを認めると時効がリセットされてしまうというルールがあります。

もし、借主が時効期間の経過に気づかないままアイフルに電話をしてしまい、分割払いなど返済に応じる前提で話をした場合、債務の承認となってそれまでの時効期間がすべてリセットされてしまいます。

よって、時効期間が経過している場合はアイフルに電話をするのは避けてください。アイフルも時効の中断を当然狙っているので、大幅な減額を提示してなんとか連絡をさせようとしているわけです。

ただし、すでに電話をしてしまったような場合でも、必ずしも時効がダメになったとはいえない場合もあるので、ご自分で判断せずにまずはご相談ください。

時効の援用で初めて時効が成立する

5年の時効期間が経過しているからといって、自動的に支払い義務がなくなることはありません。時効によって借金をゼロにしたいのであれば時効の援用をおこなう必要があります。

時効の援用は電話で伝えるのではなく、書面でアイフルに通知することになります。その場合、内容証明郵便が証拠力が高いので最も安全です。

つまり、借金は時効の援用をしないといつまで経っても残ったままとなり、その結果、アイフルからの請求も止まることはないということです。

なお、アイフルの借金を滞納し続けていると、JICCやCICなどの信用情報機関に事故情報が載っています。これがいわゆるブラックリストと呼ばれているものです。

時効が成立した場合に、このブラックリストがどうなるのかですが、JICCであれば事故情報がすぐに消えますが、CICの場合は原則的に時効が成立しても5年程度は事故情報が残ります。

これに対して、もし、返済に応じた場合はJICCについても事故情報は5年残ったのちに消えるので、完済するよりも時効の援用をおこなった方がブラックリストが早く消えます。

時効の援用をプロにお願いする

ご自分で時効の援用をするには当然リスクが伴います。よって、ご自分で時効の援用をおこなう自信がない場合は専門家にお願いすることをおすすめいたします。

当事務所にご依頼された場合は主に以下のようなメリットがあります。

ご依頼された場合メリット

☑ 時効の条件を満たしている場合は100%時効が成立する
☑ アイフルからの直接請求が止まる
☑ 時効の条件を満たしていない場合は分割払いの和解交渉ができる

もし、直近10年以内の間にアイフルから裁判を起こされていて時効が成立しないような場合は、当事務所がアイフルと分割返済の和解交渉をおこなうことも可能です。

しかし、分割返済をするには現時点で安定した収入があることが大前提なので、定職についていなかったり、仕事はしていても生活するだけで精いっぱいで返済に回すお金の余裕がない場合は、裁判所への自己破産の申し立ても検討する必要があります。

自己破産をすると家財道具が処分されてしまったり、周りのご近所にも知られてしまうのではないかと誤解されている方がいまだに多いのが現実です。

しかし、生活用品が処分されることも近所に知られることも基本的にありません。ローンが終わっていて査定がつかないような車であれば、そのまま保有し続けることもできます。

また、掛け捨てタイプや解約返戻金がほとんどない生命保険であればそのまま加入できるので、目ぼしい財産を持っていない方であれば、自己破産をしても日常生活に影響が出ることはありません。

この点、当事務所はこれまでに時効の援用だけでなく、自己破産の経験も豊富にありますので、ご本人の現在の経済状況等を考慮して最善の選択肢をご提示いたします。

遠方にお住まいの方もご相談ください

当事務所にお越し頂けない地域にお住まいの方でも、時効援用の代行をお受けしております。その場合はお手元の請求書をLINE、メール、FAXで送って頂くだけでOKです。

送って頂いた請求書の内容を当事務所が確認し、時効の可能性があると判断した場合は、そのまま当事務所が内容証明郵便の作成と発送までをおこないます。

時効の条件を満たしていれば、当事務所による時効の援用によって、アイフルの借金がすべてなくなり、今後請求を受けることがなくなります。

よって、遠方にお住まいだったり、仕事等が忙しくてお時間が取れない方も、まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

当事務所はこれまでに4000人を超える方の借金問題を解決しており、アイフルへの時効実績も豊富です。アイフルから請求が来てどうしてよいかわからない場合はお気軽にご相談ください。

いなげ司法書士・行政書士事務所

お電話 043-203-8336(平日9時~18時)

LINEで無料相談されたい方は「友だち追加」をクリックしてください

友だち追加

※LINE相談のご利用件数が2000件を突破しました!

お気軽にお問い合わせください

受付時間:平日9時~18時
電話番号:043-203-8336

メールでのお問い合わせはこちら