アウロラ債権回収の「減額和解のご提案」

アウロラ債権回収から「減額和解のご提案」が届いたら

アウロラ債権回収なんて知らない

イオンクレジットサービス、CFJ(ユニマット、ディック、アイク)などの借入金を返済しないままにしていると、債権を譲り受けたアウロラ債権回収という借金を回収する専門会社から「減額和解のご提案」で請求を受けることがあります。

よって、アウロラ債権回収なんていう会社は聞いたこともないし知らないから架空請求と決めつけて、請求書を破いて捨ててしまったり、見て見ぬふりをするのは大変危険です。

解決したいのであれば、きちんと届いた請求書の内容を確認して、適切な対応を取らなければいけませんので、以下の対処法を参考にしてください。

減額和解をしてくる最大の理由

減額和解のご提案には以下のような記載があります。

『明細記載の債権につきまして、未だ完済していただいておりません。そこで、貴殿に対し、下記の減額和解案を提示させていただきます。この和解案に記載のとおりに弁済がすべてなされた場合は、残債務を免除させていただきます。なお、下記の減額和解のご提案は、本年○月○日をもって終了とさせていただき、同日以降は明細記載の残高での請求をさせていただきますので、ご了承下さい』
一括返済による解決を希望される場合
明細記載の債権残高合計○○円のうち、△△円を○年○月○日までに一括して支払う。
ご入金確認後、残債務□□円を弊社で免除し、完済の処理を行います。
※弊社で保有している契約書(連帯保証契約書・債務引受契約書等含む)は、ご自宅に郵送により返還させていただきます。ただし、クレジット契約の場合は返還する書面はございません。

元金以下の金額を一括返済することで、残りの元金と損害金をすべて免除してくれるという提案になっています。しかし、そもそもなぜ元金を下回る金額でOKという提案をしてくるのでしょうか。

それは単にアウロラ債権回収が親切だからというわけではありません。そこにははっきりとしたカラクリがあるのです。その最大の理由は以下のとおりです。

大幅な減額を提案する理由

アウロラ債権回収が一括払いとはいえ、元金を大幅に下回る和解案を提示してくる最大の理由は消滅時効の存在です。

つまり、アウロラ債権回収の狙いは、消滅時効を主張されて1円も回収できなくなるくらいであれば、大幅な減額をしてでも時効を阻止しようということです。

では、いったいどのくらいの滞納期間があれば時効になるのかという点ですが、これについては5年以上の滞納で時効になります。

5年以上滞納しているかどうかは【明細】の「約定弁済期日」の日付を確認してみてください。ここの日付が5年以上前の古い日付になっている場合は時効の可能性があります。

ただし、約定弁済期日の日付が滞納し始めた日になっていないこともあるので、たとえ5年以内の日付が記載されていても、ご自分の記憶で5年以上返済をした覚えがないのであれば時効が成立する可能性があります。

時効の中断には要注意

請求書には以下のような記載もあります。

『また、下記和解案以外の返済計画を希望される場合は、お客様の御事情を検討させていただきますので、弊社お問い合わせ窓口までご連絡下さい』

一見すると債務者の経済状況などに応じて、いろいろと返済条件の相談に乗ってくれるような内容になっているので、一括返済が無理な方はついつい分割返済の相談をしてしまいそうになります。

しかし、上記のとおり5年以上返済をしていない借金は時効の可能性があるので、その場合はアウロラ債権回収へ連絡するのは控えてください。

なぜなら、電話で今後の支払いについて話をするだけで時効が中断するおそれがあるからです。

つまり、滞納金を返済した場合だけでなく、電話で返済の話をしただけで時効が中断する危険があるというわけです

相手は債権回収のプロですから、当然そのことを熟知しているので、下手に電話をすると相手のペースで話が進んでしまい、債務の承認(支払を認める)をさせられてしまうことがあります。

一度、債務承認があると取り返しがつきません。もし、債務承認によって時効が中断してしまうと、その後は最低でも5年間は時効の援用ができなくなるので十分にご注意ください。

時効が自動的に成立することはない

アウロラ債権回収の狙いが大幅減額による時効の中断というのは分かりました。では、実際に時効の条件を満たしている場合に借金の支払い義務を消滅させるにはどうすればいいのかが問題となります。

この点、5年以上の滞納で自動的に時効が成立すると勘違いされている方が少なくありませんが、大きな誤解です。つまり、借金の時効に関しては自動的に成立することはないということになります。

もし、自動的に成立しているとすれば、そもそも5年以上滞納している借金について請求されることなどありません。では、どうすれば時効を成立させることができるのでしょうか。

答えは消滅時効の援用をおこなうことです。時効の援用というのは、借りた側が貸した相手(債権譲渡があった場合は債権を譲り受けた相手)に対して「時効だから支払いません」と通知することです。

この通知の仕方については特に法律上の制限はありませんが、実際には電話ではなくきちんと証拠を残しておくという観点から、配達証明付きの内容証明郵便でおこなうのが一般的です。

きちんと証拠に残しておくことで、あとで言った言わないのトラブルを未然に防止することができます。そもそも、電話では債務承認による時効の中断リスクがあるので大変危険です。

なお、アウロラ債権回収は実際に東京簡易裁判所に裁判を起こしてくることがあります。また、自宅まで訪問してきて取り立てをおこなうこともあります。

よって、時効の可能性があると思われる方は、速やかに時効の援用をおこなう必要があります。

司法書士にお願いすると

時効の援用をする必要があることが分かりましたが、相手は借金の回収を専門におこなっているような会社です(こういった会社をサービサーといいます)。

また、そもそも内容証明郵便を送ったことがなければ、実際のところどうすればよいのかが分からないという方がほとんどだと思います。そういった方はお早めに専門家にご相談ください。

当事務所には、日々多くの時効相談が寄せられているので、ご依頼を受けた場合は、時効の中断事由の有無の調査をして、確実に時効の援用をおこないます。

また、司法書士に依頼をすることで自分への直接請求が停止するので、書面や電話による請求、自宅訪問される心配がなくなります。

しかし、滞納期間が5年未満であったり、過去10年以内に裁判を起こされて判決などを取られてしまっていると時効は成立しません。

その場合は残っている借金の支払義務があるので、分割で返済できそうであれば、当事務所がアウロラ債権回収と分割返済の和解交渉をおこないます。

これに対して、借金を返せるだけの収入がなく、アウロラ債権回収以外にも多額の借金があるような場合は、裁判所に自己破産の申し立てをおこなうことも可能です。

なお、自己破産は一般の方が思っているよりもデメリットが少なく、実際の生活に影響することもほとんどないので、すべての借金を今の収入で返せない場合は積極的に選択すべきと思われます。

いずれにしましても、請求を放っておくだけではいつまでたっても借金はなくなりませんので、お早めにご相談ください。

消滅時効援用サービスはこちら

※ 千葉、群馬、東京、茨城、栃木、埼玉、神奈川のご依頼が中心ですが、契約時に一度だけ来所可能であれば、その他地域でも受任可能です

ご来所できない場合

地理的な問題で当事務所にお越し頂くことが困難な場合でも時効の援用は可能です。ご来所できない場合は内容証明作成サービスで対応させて頂きますのでお気軽にご相談ください。

こちらは当事務所が内容証明郵便を作成し、アウロラ債権回収に発送するまでの書類作成業務での対応となります。

もちろん、時効の中断事由がなければ、当事務所が作成した内容証明郵便による時効の援用によって借金を支払う必要がなくなり、アウロラ債権回収からの請求もなくなります。

これまでに1000人以上の方が内容証明作成サービスによって時効を成立させています。ご利用を希望される場合は営業時間内にお電話でお問い合わせ頂くか、LINEやメール相談をご利用ください。

内容証明作成サービスはこちら

お問い合わせ

当事務所はこれまでに4000人を超える方の借金問題を解決しており、アウロラ債権回収への時効実績も豊富です。

アウロラ債権回収から請求が来てどうしてよいかわからない場合はお気軽にご相談ください。

いなげ司法書士・行政書士事務所

お電話 043-203-8336(平日9時~18時)

LINEで無料相談されたい方は「友だち追加」をクリックしてください

友だち追加

※LINE相談のご利用件数が2000件を突破しました!

業者別の対応

お気軽にお問い合わせください

受付時間:平日9時~18時
電話番号:043-203-8336

メールでのお問い合わせはこちら