札幌債権回収の「任意弁済計画によるご提案」による請求

札幌債権回収から「任意弁済計画のご提案」が届いたら

札幌債権回収とCFJ合同会社

CFJ(アイク、ディックファイナンス、ユニマット)からの借入金を滞納していると、札幌債権回収から「任意弁済計画のご提案」という書類が届くことがあります。

そこには以下のような記載があります。

『すでにご存じのとおり、合同会社バントが貴殿に対し有していた後記債権は、平成○年○月○日をもって弊社に譲渡されておりますが、本日まで貴殿からのお支払はおろかご連絡すら頂いておりません』

つまり、CFJからバントに債権が譲渡され、さらにバントから札幌債権回収に再譲渡されたという流れになっています。そのため、CFJの借金を滞納していると札幌債権回収から請求されるわけです。

時効なら支払う必要がない

請求書には『お支払のできない、何らかのご事情があるものと推察いたしますが、貴殿は既に期限の利益を喪失し、残元本全額及びこれに対する損害金について、即時に債務全部の弁済を行う義務を負っており、このまま放置されますと貴殿の負担が増すばかりです』との記載があります。

これだけみると必ず支払わなくてはいけないように思えてしまいますが、そもそも借金にも時効制度の適用があります。つまり、時効が成立した場合は一切支払う必要がなくなるということです。

時効かどうかを確認するには

借金の時効が成立するには滞納してから5年以上の期間が必要となります。

そこで、滞納期間が5年以上あるかどうかを確認する必要がありますが、【債権の表示】に記載されている「支払の催告に係る債権の弁済期」の日付をご確認ください。

もし、ここの日付が5年以上前である場合は時効の可能性があるということになります。おそらく「現在の未収利息」「現在の未収損害金」を合わせた合計金額がかなりの金額になっていると思われます。

しかしながら、消滅時効が成立する場合は、損害金や利息だけでなく、残元金についても一切支払う必要がなくなります。

和解案に応じてしまうと

請求書には【上記残債務に対する返済計画案(和解案)】が以下のように記載されています。

1.一括弁済案 金〇○円(一括払い)
2.分割弁済案(頭金有) 総額〇○円 頭金〇○円、以後毎月○○円(24回)
3.分割弁済案(頭金無) 総額〇○円 毎月○○円(32回)
※ その他ご希望がございましたらご相談ください
※ 上記案のいずれかに合意頂ける場合には、下記当社相談窓口の担当まで必ず連絡願います

しかし、時効期間が経過している場合は、札幌債権回収への連絡は控えてください。もし、時効の可能性に気づかずに返済計画については話をしてしまうと時効が中断してしまうおそれがあります。

札幌債権回収も時効期間が経過していることは当然承知しています。それでも請求してくるのはすべての債務者が消滅時効の制度を知っているわけではないからです。

そのため、大幅な減額案を提示して時効の援用を阻止しようとしているわけです。一度でも入金してしまったり、和解案に応じてしまうと時効がリセットされてしまうのでご注意ください。

時効が中断する代表的な行為

☑ 借金の一部を振り込んでしまう
☑ 和解書にサインしてしまう
☑ 電話で今後の返済計画については話をしてしまう

時効によって借金を消滅させるには

5年以上返済をしていないからといって、自動的に借金が消滅するわけではありません。時効によって支払い義務をなくするには内容証明郵便で札幌債権回収に時効の通知を送る必要があります。

これを時効の援用手続きといいます。つまり、借金の時効制度では借主からの時効の援用がされない限りは、支払義務がなくなることはなく、債権者からの請求も止まらないということです。

札幌債権回収の請求を放置していると、裁判所に支払督促を申し立ててくることがあります。もし、支払督促まで放置してしまうと、たとえ時効期間が経過していても時効が10年延長してしまいます。

よって、関わりたくないからといって請求書を破棄したり無視したりすることは絶対にやめてください。解決したいのであれば時効の援用をおこなうなど適切な対応を取る必要があります。

相手は借金回収のプロ

その名のとおり、相手は借金の回収を専門におこなっている会社ですから、自分で時効の援用をしようにも不安を覚える方も少なくないと思います。

そういった方は当事務所にお任せください。ご依頼頂いた場合は時効の条件をクリアーしているかどうかを調査したうえで、当事務所が確実に時効の援用をおこないます。

また、ご依頼直後から札幌債権回収からの直接請求が止まるので、書面や電話、職場への連絡、自宅訪問による取り立ての心配がなくなります。

もし、時効の条件を満たしていないことが判明した場合は、そのまま分割払いの和解交渉に切り替えて、当事務所が代わりに交渉をおこないます。

今現在、返済に回せるだけの余裕が全くないという場合は自己破産も選択肢となります。札幌債権回収以外にもまとまった借金が何社もあるような場合はなおさらです。

自己破産は最後の手段ですが、晴れて免責決定を勝ち取れば、すべての借金の支払い義務から解放され、人生のリスタートを切ることができます。

ご依頼頂いた場合は、たとえ時効の条件を満たしていないような場合でも、最善の解決策をご提示いたしますので、お一人で抱え込まずにまずはお気軽にお問い合わせください。

当事務所にお越し頂けない方

遠方にお住まいであったり、仕事などの影響で当事務所にお越し頂くことができない方でも時効の援用を代行できます。

その場合はまずはお電話でお問い合わせ頂くか、LINE、メール、FAXで請求書を送って頂ければ、当事務所が時効の可能性があるかどうかを無料で判断いたします。

もし、時効の可能性があり、お手続きを希望される場合は、当事務所が内容証明郵便の作成と発送までを代行いたします。お急ぎであればご相談頂いたその日に時効の援用をおこなうことも可能です。

こちらの内容証明作成サービスのご利用でも、5年以上返済をおこなっておらず、かつ、直近10年以内に裁判所で判決などを取られていない場合は、当事務所が作成する内容証明郵便による時効の援用によって借金の支払い義務が完全になくなります。

これまでに1000人を超える方が当事務所の内容証明作成サービスによって時効を成立させておりますので、1日でも早い解決を望まれるのであれば、まずはご相談ください。

お問い合わせ

当事務所はこれまでに4000人を超える方の借金問題を解決しており、札幌債権回収への時効実績も豊富です。札幌債権回収から請求が来てどうしてよいかわからない場合はお気軽にご相談ください。

いなげ司法書士・行政書士事務所

お電話 043-203-8336(平日9時~18時)

LINEで無料相談されたい方は「友だち追加」をクリックしてください

友だち追加

LINE相談のご利用件数が2000件を突破しました!

お気軽にお問い合わせください

受付時間:平日9時~18時
電話番号:043-203-8336

メールでのお問い合わせはこちら