オリンポス債権回収の赤封筒

オリンポス債権回収から赤封筒が届いた場合の対処法

オリンポス債権回収とは

アプラス、CFJ(アイク、ディックファイナンス)、武富士などの借金を滞納しているとオリンポス債権回収から赤い封筒に入った請求書が届くことがあります。

オリンポス債権回収は現在の債権者(合同会社OCC、有限会社ラックスキャピタルなど)から回収業務の受託を受けた債権回収会社(サービサー)です。

時効の可能性を検討する

借金は最後の返済から5年が経過すると時効になります。よって、5年以上返済をした覚えがない場合は時効の可能性があります。

時効かどうかは請求書の中に「最終約定弁済期日」という項目があれば、その日付が5年以上前かどうかで確認できます。

もし、最終約定弁済期日の記載がない場合でも、ご自身の記憶で5年以上返済していなければ時効の可能性があります。

電話をすることのリスク

5年以上返済をしていなくて時効の可能性があるのであれば、オリンポス債権回収への電話連絡は控えてください。もし、返済の話をしてしまうと時効が中断してしまうリスクがあるからです。

その他にも借金の一部を返済してしまったり、分割和解の和解書にサインして返送したような場合は時効がリセットされます。

ただし、電話で返済の話をした程度であれば、必ずしも時効が中断するとは言い切れないので、もし、時効に気づかずに電話をしてしまったような場合でも、まずはご相談ください。

時効の援用をする

最後の返済から5年以上が経過しているからといって、自分で勝手に時効だと決めつけて請求を放置しているだけでは時効は成立しません。

オリンポス債権回収の場合、請求を放置し続けていると自宅まで取り立てに来たり、裁判所に訴えを起こされる可能性があります。

よって、時効の可能性がある場合は時効の援用をおこなう必要があります。具体的な方法ですが、内容証明郵便などの書面で時効の通知を送ることになります。

ご自分で対応ができない場合

相手は借金回収のプロですからご自分での対応にはリスクが伴います。もし、ご自分で対応できそうにないと思われる場合は専門家にご相談ください。

当事務所にご依頼された場合、時効の中断事由(直近10年以内に裁判所で判決などを取られて居ないか)を調査したうえで確実に時効の援用をおこないます。

また、ご依頼頂くことでオリンポス債権回収からの直接請求が止まります(ただし、損害金を除いた借金の元金が140万円以下の場合に限ります)。

もし、時効の条件を満たしていない場合は分割和解の交渉をに移行することも可能です。

消滅時効援用サービスはこちら

遠方の場合

当事務所にお越し頂くことができないは内容証明作成サービスでの対応となります。こちらは当事務所が内容証明の作成と発送をおこなうことによって時効の援用をおこなうサービスです。

最後の返済から5年以上が経過しており、かつ、直近10年以内に判決を取られていない限りは、当事務所が作成する内容証明郵便による時効の援用によって借金の支払い義務がなくなります。

内容証明作成サービスはこちら

お問い合わせ

当事務所はこれまでに2000人を超える方の借金問題を解決しており、オリンポス債権回収への時効実績も豊富です。

オリンポス債権回収から請求が来てどうしてよいかわからない場合はお気軽にご相談ください。

千葉いなげ司法書士事務所

お電話 043-203-8336(平日9時~18時)

LINEで無料相談されたい方は「友だち追加」をクリックしてください

友だち追加

業者別の対応

お気軽にお問い合わせください

受付時間:平日9時~18時
電話番号:043-203-8336

メールでのお問い合わせはこちら