引田法律事務所の青い封筒

弁護士法人 引田法律事務所の青い封筒が届いた場合の対処法

引田法律事務所とは

武富士の借金を滞納したままにしていると、日本保証の代理人をしている弁護士法人 引田法律事務所から簡易書留で青い封筒に入った受任通知書をが届くことがあります。

弁護士は他人から依頼を受けて借金の回収をおこなうことができます。そのため、借金を滞納していると弁護士事務所から請求を受けることは珍しいことではありません。

安易に電話しない

受任通知書にはフリーダイヤルが書いてあり、書面を見たら電話をするように要請していますが、安易な電話連絡は危険です。なぜなら、借金には時効というものがあるからです。

現に、引田法律事務所が日本保証の代理人をしている旧武富士分の借金の多くはすでに5年の時効期間が経過しています。

時効かどうかは請求内容の記載箇所の「支払いの催告に係る債権の弁済期」の日付で確認できます。この日付が5年以上前であれば時効の可能性があります。

電話をしてしまった場合

時効のことを知らずに引田法律事務所に電話をしてしまう方が少なくありませんが、電話で今後の返済について話をしてしまうと債務の承認となって時効が中断するおそれがあります。

よって、5年以上返済をしていない場合は引田法律事務所への電話は控えてください。

すでに電話をしてしまった場合でも必ずしも時効が中断したとは言い切れない場合があるので、これ以上の電話はやめてまずはご相談ください。

時効の援用方法

5年以上返済をしていないからといって、引田法律事務所からの請求を放置していても時効は成立しません。借金の時効は刑事事件の時効と異なり自動的に成立するわけではないからです。

時効によって支払い義務をなくしたいのであれば、内容証明郵便などの書面で時効の通知を送る必要があり、これを時効の援用といいます。

よって、時効の可能性があると思われる場合は、引田法律事務所へ電話をするのではなく、そのままダイレクトに時効の通知を送ることになります。

時効が成立しない場合

5年以上返済をしていない場合でも、すでに武富士から裁判を起こされていて判決を取られれていると、時効がその時点から10年延長されてしまいます。

よって、時効が成立するには最後の返済から5年以上が経過していて、かつ、直近10年以内に判決を取られていないことが条件となります。

ただし、判決を取られているかどうかは請求書に記載されていないので、これまでに判決を取られた記憶がなく、5年以上返済をしていないのであれば、まずは時効の通知を送ってみるしかありません。

当事務所にご依頼された場合

内容証明で時効の援用といっても、一般の方にはハードルが高いと思います。もし、ご自分での手続きに不安がある場合は専門家にお願いするのが安全です。

当事務所にご依頼された場合、まずは引田法律事務所に受任通知を送ります。これにより、電話や書面による直接請求が止まります。

その後、時効の条件を満たしているかどうかを調査したえうで、確実に時効の援用をおこないます。

消滅時効援用サービスはこちら

遠方の場合

当事務所にご来所することができない方は、内容証明郵便の作成と発送のみをおこなう内容証明作成サービスでの対応となります。

時効の条件をクリアーしていれば、当事務所が作成する内容証明郵便による時効の援用によって借金がなくなるので、遠方の方であっても時効を成立させることができます。

内容証明作成サービスはこちら

お問い合わせ

当事務所はこれまでに2000人を超える方の借金問題を解決しており、日本保証への時効実績も豊富です。

日本保証代理人の引田法律事務所から請求が来てどうしてよいかわからない場合はお気軽にご相談ください。

千葉いなげ司法書士事務所

お電話 043-203-8336(平日9時~18時)

LINEで無料相談されたい方は「友だち追加」をクリックしてください

友だち追加

業者別の対応

お気軽にお問い合わせください

受付時間:平日9時~18時
電話番号:043-203-8336

メールでのお問い合わせはこちら