武富士 → 日本保証 → 引田法律事務所

弁護士法人 引田法律事務所から受任通知書が届いたら

武富士の借金を滞納していると

武富士の借金を滞納していると、弁護士法人 引田法律事務所の日本橋オフィスから青い封筒に入った書留で受任通知書が送られてくることがあります。

これは引田法律事務所が武富士の金融事業を引き継いだ日本保証から借金の回収業務を受託しているためです。中には30年以上延滞している場合でもある日突然、請求が来ることがあります。

慌てて電話しない

10年も20年も何の音沙汰もなかったのに、いきなり引田法律事務所から請求を受けたことで訳も分からずに電話をかけてしまう方が少なくありません。しかし、引田法律事務所への電話は要注意です。

なぜなら、借金にも時効というものがあるからです。武富士のようなサラ金からの借金は最後の返済から5年経過することで時効になります。

時効かどうかは受任通知書の「本書作成時点での残存債務の額」という箇所の「支払の催告に係る債権の弁済期」の日付が5年以上前かどうかで判断できます。

ただし、5年の時効期間が経過していても、時効のことを知らずに電話をしてしまい、膨れ上がった遅延損害金の減額願いや分割払いの話をしてしまうと支払い義務を認めたことになって時効の主張ができなくなってしまうおそれがあります。

これを債務の承認による時効の中断といいます。よって、5年以上返済をしておらず、時効の可能性がある場合は引田法律事務所への電話は控えてください。

もし、すでに電話で話をしてしまったよう場合であっても、必ずしも時効が中断したとは言い切れない場合があるので、まずは当事務所までご相談ください。

時効の援用

借金の時効は5年ですが、最後の返済から5年以上経過しているから時効だと決めつけて何もせずに請求を放置している方が少なくありません。しかし、借金の時効は自動的に成立しません。

借金の時効を成立させるには内容証明郵便などの書面で時効の通知を送る必要があり、これを時効の援用といいます。時効の援用をしない限り、いつまでたっても請求は止まりません。

その結果、時効の援用をしないでいると10年も20年も前の借金についても請求を受けることになります。また、時効の援用をしないでいると債務の承認によって時効が中断するリスクもあります。

当事務所にご依頼された場合

相手は借金の回収を専門におこなっている弁護士ですから、ご自分での対応にはリスクが伴います。よって、時効の援用をするのが不安な方は専門家にお願いされた方が安全です。

当事務所にご依頼された場合、時効の中断事由(直近10年の間に裁判所で判決などを取られているかかどうか)を調査したうえで、確実に時効の援用をおこないます。

また、ご依頼頂くことで引田法律事務所からの直接請求が止まります。これにより、自分に対する電話や書面による請求がなくなります。

消滅時効援用サービスはこちら

遠方にお住まいの方

遠方にお住いのために当事務所にお越し頂くことが困難である方は内容証明作成サービスでのご対応となります。こちらは当事務所が内容証明の作成と発送までをおこなうサービスです。

もちろん、最後の返済から5年以上が経過しており、かつ、直近10年以内に相手から裁判を起こされて判決などを取られていない限りは、当事務所が作成する内容証明郵便による時効の援用によって借金の支払い義務がなくなります。

内容証明作成サービスはこちら

お問い合わせ

当事務所はこれまでに2000人を超える方の借金問題を解決しており、日本保証への時効実績も豊富です。

日本保証から請求が来てどうしてよいかわからない場合はお気軽にご相談ください。

千葉いなげ司法書士事務所

お電話 043-203-8336(平日9時~18時)

LINEで無料相談されたい方は「友だち追加」をクリックしてください

友だち追加

業者別の対応

お気軽にお問い合わせください

受付時間:平日9時~18時
電話番号:043-203-8336

メールでのお問い合わせはこちら