弁護士法人 鈴木康之法律事務所の「督促状」

鈴木康之法律事務所から「督促状」が届いた場合の対処法

株式会社マールベリー・ワンとは

三菱東京UFJ銀行(旧:三和銀行)のカードローンを滞納していると、弁護士法人 鈴木康之法律事務所から圧着ハガキで「督促状」が送られてくることがあります。

これは滞納した借金を三菱UFJ住宅ローン保証(旧:三和信用保証)が代位弁済し、債権が株式会社マールベリー・ワン(東京都文京区)に譲渡され、鈴木康之法律事務所が借金の回収業務を受託したからです(流れは以下のとおり)。

三和銀行 → 三和信用保証 → マールベリーワン → 鈴木康之法律事務所

時効の可能性が高い

昔の借金であっても、弁護士から督促状で請求されると払わなければいけないような気がしますが、すでに時効期間が経過している借金も多く含まれています。

ただし、時効期間が経過したからといって自動的に時効が成立するわけではありません。時効によって借金をなくすには、内容証明郵便などで通知を送る必要があり、これを時効の援用といいます。

時効の援用をしない限り、大昔の借金であっても請求されることがあり、いつまでたっても支払い義務はなくなりません。借金の時効は5年で時効になります。

よって、5年以上返済をした覚えがないのであれば、すみやかに時効の手続きを取ってください。

司法書士にお願いした場合

相手は債権の回収に特化した弁護士事務所です。ご自分の対応ではリスクが伴うのも事実です。

千葉いなげ司法書士事務所にご依頼された場合、時効の中断事由がない限り、司法書士が確実に時効の援用をおこないます。下手に連絡を取ると債務の承認となり時効が中断するおそれがあります。

ご自分での対応に不安がある場合はまずはご相談ください。

千葉に限らず、茨城、神奈川、埼玉、東京、群馬、栃木、愛知、静岡、山梨などからも多数のご依頼があり、これまでに2000人を超える方の借金問題を解決しています。

司法書士にお願いするメリット

☑ 依頼者の代理人となって時効の援用をしてもらえる

☑ 弁護士事務所から本人への直接請求が止まる

☑ 中断事由がある場合は分割和解の交渉もお願いできる

お問い合わせ

当事務所はこれまでに2000人を超える方の借金問題を解決しており、マールベリーワンへの時効実績も豊富です。

マールベリーワン代理人の鈴木康之法律事務所から請求が来てどうしてよいかわからない場合はお気軽にご相談ください。

千葉いなげ司法書士事務所

お電話 043-203-8336(平日9時~18時)

無料来所相談のネット予約

無料メール相談(24時間以内返信)

当事務所の消滅時効援用サービス

業者別の対応

アイアール債権回収

アイフル

アウロラ債権回収

アコム

アビリオ債権回収

アペンタクル

SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)

エムアールアイ債権回収

エムテーケー債権管理回収

エーシーエス債権管理回収

オリンポス債権回収

クレディア

子浩(しこう)法律事務所

シーエスジー

CFJ(アイク、ディック、ユニマット)

ティー・アンド・エス

ティーオーエム

ニッテレ債権回収

日本保証

パルティール債権回収

お気軽にお問い合わせください

受付時間:平日9時~18時
電話番号:043-203-8336

メールでのお問い合わせはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です