日本保証代理人の引田法律事務所から自宅訪問された場合の対処法 

請求を放置していると自宅まで取り立てに来る

弁護士法人引田法律事務所と日本保証の関係

武富士の借金を滞納していると、武富士の金融事業を引き継いだ日本保証の代理人をしている弁護士法人 引田法律事務所から受任通知書などで請求を受けることがあります。

なお、引田法律事務所が日本保証の代理人をしている場合が多いですが、それ以外にもパルティール債権回収、ワイジェイカード、リベラルアセットの代理人の場合もあります。

パルティール債権回収の場合、もともとの借入れは武富士だけでなく、アプラス、イオンクレジットサービス、楽天カード、全日信販、トヨタファイナンスの場合があります。

オリファサービス債権回収、日本インヴェスティゲーションによる自宅訪問

引田法律事務所から訪問調査依頼を受けたオリファサービス債権回収、株式会社日本インヴェスティゲーションが「ご連絡のお願い」という書類を渡しに自宅まで訪問してくることがあります。

そこには以下のような記載があります。

「さて、当職は、当職依頼者株式会社日本保証が貴殿に対し有する債権に関し、債権回収に係る委任を受けております。そこで、貴殿の居住先へ、居住確認のため、訪問調査会社に指示し、本書をお渡し又は投函させていただきます。お忙しいことと存じますが、ご確認したいことがございますので、下記当職連絡先まで、ご連絡いただけますよう、宜しくお願いいたします」

つまり、自宅まで訪問してきたオリファサービス債権回収、日本インヴェスティゲーションは直接の相手ではなく、引田法律事務所から訪問調査依頼を受けただけというわけです。

時効かどうかを確認する方法

武富士のような貸金業者からの借金にも時効があります。時効期間は最後の返済をしてから5年です。よって、5年以上返済をしていないような場合は時効になる可能性があります。

時効かどうかを確認する方法は、弁護士法人引田法律事務所から送付されている受任通知書等の請求書類に記載されている「支払の催告に係る債権の弁済期」の日付で確認できます。

もし、この日付が5年以上前であれば時効の可能性があるといえます。ただし、引田法律事務所が日本保証以外の会社の代理人をしている場合は、弁済期の日付が当てにならない場合もあります。

よって、日付の記載に関わらず、自分の記憶で5年以上返済をした記憶がないのであれば時効の可能性があるといえます。

すでに裁判を起こされてしまっている場合

5年以上滞納している場合でも、すでに相手方から裁判を起こさて判決や支払督促が確定している場合は、時効がその時点から10年となってしまいます。

よって、直近10年以内に裁判所で判決などが出ている場合は時効とはなりません。これに対して、すでに10年以上前の判決であれば時効になる可能性があります。

引田法律事務所からの書類には判決の有無は一切書いてありませんので、過去に裁判所から書類が届いた覚えないのであれば、まずは時効の可能性があると疑ってみるのがよいと思われます。

電話をしてしまうと時効が中断することがある

時効期間が経過している場合であっても、それに気づかずに電話をしてしまって支払いに応じてしまうという方が少なくありません。

たとえ、実際に入金しなくても電話で支払いに応じる姿勢を見せてしまうと、法的には債務の承認となって時効が中断してしまいます。

引田法律事務所もそれを狙って、まずは電話で返済の約束を取り付けようとしてきます。よって、時効の可能性があると思われる場合は、絶対に電話をしてはいけません。

時効が中断する行為

☑ 滞納金の一部を振り込む

☑ 和解書や示談書にサインして返送する

☑ 電話で和解条件を聞いたり、減額のお願いをする

上記の行為に該当すると時効が中断してしまうのが原則ですが、電話で話をした程度であれば必ずしも時効が中断するとは言い切れない場合もあるので、まずは諦めずにご相談ください。

時効の通知を送らないと時効は成立しない

借金の時効は5年の経過によって自動的に成立するものではありません。そのため、滞納してから10年以上経過しているような場合でも請求が来ることは珍しい話ではありません。

時効によって損害金だけでなく、元金を含めた一切の支払い義務をなくしたいのであれば、引田法律事務所に対して時効の通知を送らないといけません。

その際は電話で伝えるのではなく、内容証明郵便で通知するのが最も確実です。これを時効の援用といい、借金の場合は時効の援用をすることで、初めて支払い義務が消滅することになります。

当事務所にご依頼されると

相手は借金の回収を専門におこなっている弁護士事務所です。もし、ご自分で時効の手続きをおこなうのが不安であれば当事務所までご相談ください。

ご依頼された場合は、時効の中断事由の有無(直近10年以内に裁判所で取られた判決など)を調査したうえで、時効の条件を満たしている場合には確実に時効の援用をおこないます。

また、ご依頼された時点で引田法律事務所からの直接請求が止まります。これにより、書面や電話による請求、オリファサービス債権回収、日本インヴェスティゲーションに自宅訪問される心配から解放されます。

消滅時効援用サービスはこちら

遠方の場合も時効の援用を代行できます

地理的な問題で当事務所にお越し頂くことができない場合は、内容証明作成サービスで対応します。こちらは当事務所がご依頼者の代わりに内容証明郵便の作成と発送までをおこなうサービスです。

最後の返済から5年以上が経過しており、かつ、直近10年以内に裁判所で判決などを取られていない場合は、当事務所が作成する内容証明郵便による時効の援用手続きによって借金がなくなります。

内容証明作成サービスはこちら

お問い合わせ

当事務所はこれまでに4000人を超える方の借金問題を解決しており、日本保証への時効実績も豊富です。

日本保証代理人の引田法律事務所から請求が来てどうしてよいかわからない場合はお気軽にご相談ください。

いなげ司法書士・行政書士事務所

お電話 043-203-8336(平日9時~18時)

LINEで無料相談されたい方は「友だち追加」をクリックしてください

友だち追加

LINE相談のご利用件数が1000件を突破しました!

業者別の対応

お気軽にお問い合わせください

受付時間:平日9時~18時
電話番号:043-203-8336

メールでのお問い合わせはこちら