アプラス → パルティール債権回収

パルティール債権回収から請求書が届いた場合の対処法

アプラスから債権が譲渡されているケース

アプラスのカードでキャッシングをしたり、アプラスを利用して商品を分割払いで購入しているケースで、そのまま返済が滞ったような場合、債権がパルティール債権回収に譲渡されることがあります。

その結果、債権を譲り受けたパルティール債権回収からある日突然、請求書が送られてくるわけですが、聞いたことがない会社からの請求だから勘違いして放置してはいけません。

パルティール債権回収から届く請求書の主なタイトル

☑ 重要なお知らせ
☑ 和解に関するご提案
☑ ご入金のお願い
☑ ご通知並びに法的請求前のご確認
☑ 債権譲渡および債権譲受通知書

時効の可能性があるか検討する

カードによるキャッシングやショッピングによる分割払いのいずれの場合も、最後の返済から5年で時効になります。よって、5年以上返済をしていない場合は時効の可能があるといえます。

最後の返済日の確認方法ですが、請求書の「支払の催告に係る債権の弁済期」という項目の日付を確認してください。この日付が5年以上前になっていれば時効の可能性があります。

ただし、場合によってはこの日付が最後の返済日を正しく反映しておらず、アプラスからパルティール債権回収に債権が譲渡された日になっていることもあるので、あくまでも日付は参考に過ぎません。

なお、債権がパルティール債権回収に譲渡される前に、すでにアプラスから裁判所に訴えられていて、判決や支払督促を取られていると、そのときから時効が10年間延長されます。

ただし、判決が取られているかどうかは、パルティール債権回収から送付される請求書の記載だけではわかりません。

また、判決などを取られていても、すでに10年以上が経過している場合は時効の可能性があるので、とにかく長期間返済をした覚えがない場合はパルティール債権回収への連絡は控えてください。

時効の中断に注意

すでに5年の時効期間が経過している場合でも、パルティール債権回収に電話をしたり、借金の一部を返済してしまうと、債務を承認したことになり時効が中断してしまいます。

時効が中断する行為

☑ 借金の一部を返済する

☑ 電話で借金を認めて返済の話をする

☑ 回答書やアンケートに記入して返送する

時効が中断すると、それまでの時効期間がすべてご破算となり、もはや時効の援用ができなくなりますので十分にご注意ください。

ただし、パルティール債権回収と電話で話をしてしまっても、必ずしも時効が中断したとは言えないこともあるので、まずはあきらめずにご相談ください。

自宅訪問される可能性

パルティール債権回収からの請求を放置していると、自宅まで訪問されることがあります。もし、玄関先で返済の約束をしたり、一部返済をすると時効が中断するので注意が必要です。

もし、留守の間に訪問された場合、「ご連絡のお願い(不在通知票)」が投函されていますが、時効の可能性がある場合は、折り返しの連絡はしないようにご注意ください。

時効の可能性がある場合は、自宅を訪問される前に時効の手続きをしておくことが大切です。なお、居留守を使えるのであれば、自宅まで取り立て来た際にわざわざ対応する必要はありません。

時効の援用手続き

借金の時効は自動的に成立するものではありません。よって、請求を放置しているだけでは、いつまでたっても請求は止まりませんのでご注意ください。

そればかりか、すでに述べたとおり、自宅まで取り立てに来たりすることもありますし、パルティール債権回収が裁判所に支払督促という裁判手続きを申し立ててくることもありますのでご注意ください。

時効の手続きは内容証明郵便などの書面でおこなう必要があり、これを時効の援用といいます。時効の援用をすることで初めて借金がなくなり、パルティール債権回収からの請求もなくなります。

司法書士に依頼した場合

当事務所にご依頼された場合、パルティール債権回収からご本人への直接請求が止まります。これにより、電話や自宅訪問される心配がなくなります。

もし、すでに裁判所から支払督促が届いているのであれば、2週間以内に手続きをしなければいけませんので、まずはご相談ください。

その後、中断事由があるかどうかを調査したうえで、中断事由がなければ司法書士が内容証明郵便で確実に時効の援用をおこないます。

もし、中断事由の存在が判明した場合は時効の援用はできませんが、そういった場合はそのまま分割返済の交渉に切り替えることが可能です。

司法書士に依頼するメリット

☑ 司法書士が時効の援用をしてくれる

☑ 本人への直接請求がすぐ止まる

☑ 時効ではない場合の和解交渉もしてもらえる

※ 遠方のためにご来所することができない方は内容証明作成サービスをご利用ください。こちらでは当事務所が内容証明郵便の作成と発送までをおこないます。これまでに2000人を超える方が内容証明作成サービスをご利用しています。

お問い合わせ

当事務所はこれまでに5000人を超える方の借金問題を解決しており、パルティール債権回収への時効実績も豊富です。

パルティール債権回収から請求が来てどうしてよいかわからない場合はお気軽にご相談ください。

いなげ司法書士・行政書士事務所

お電話 043-203-8336(平日9時~18時)

LINEで無料相談されたい方は「友だち追加」をクリックしてください

※LINE相談のご利用件数が000人を突破しました!

友だち追加

(友だち追加のURL)https://lin.ee/eQiyW85

お気軽にお問い合わせください

受付時間:平日9時~18時
電話番号:043-203-8336

メールでのお問い合わせはこちら