ティーアンドエスから「支払意思確認通知」が届いたら

ティーアンドエスの「支払意思確認通知」が届いた場合の対処法

ティーアンドエスへの債権譲渡

アエル、タイヘイ、CFJ(アイク、ディック)、クリバース、プライムなどからの借入金を滞納したままにしていると、債権を譲り受けた、ティーアンドエスから「支払意思確認通知」が届くことがあります。

そこには以下のような記載があります。

『前略 弊社が、下記旧債権者から譲り受けました債権の支払に関して、貴殿より何等意思表示がありませんでしたので、通知致しました。貴殿は契約証書に則って、残債務を一括にて支払しなければなりませんが、下記期限内に御連絡頂ければ、御支払の相談に乗ることも可能です』

なお、ティーアンドエスは色々な会社から債権を譲り受けているので、もともとの借入先の会社は上記の会社に限られません。

実際に訪問してくることがある

もし、請求を放置していると「訪問予告通知」というタイトルの請求が届くこともありますが、そこには以下のような記載があります。

『当社としては、柔軟に解決を図ろうとしておりましたが、貴殿からのご相談の連絡も頂けず貴殿からの解決意思が無い様でしたので、訪問折衝により解決を図ることと致しました』

実際に今まで来ることはないだろうと思っている方もいるかもしれませんが、ティーアンドエスは実際に自宅まで取り立てに来ます。

よって、支払意思確認通知だけでなく、訪問予告通知が届いているような場合は、放置するのは控えた方が良いと思います。

時効の可能性を検討する

借金は5年以上返済をおこなっていないと時効の可能性が出てきます。

ティーアンドエスの場合、すで時効期間が経過しているような借金を譲り受けていることが多いので、まずは時効の可能性があるかどうかを確認することが大切です。

確認する箇所は【債権内容の表示】の「弁済期」です。ここの日付が5年以上前であれば時効の可能性があります。

なお、時効の場合は請求額のすべての支払い義務がなくなります。つまり、1円も支払う必要がないということです。

電話することのリスク

支払意思確認通知には以下のような記載もあります。

『また、一括弁済希望ならば現在ある遅延損害金の減額も可能です。分割払いしかで出来ない方も分割による支払方法の用意が御座います。なかなか連絡し難い気持ちもわかりますが、連絡を頂かない限り、本件の解決は出来ません。本書面到達後速やかにご連絡があった方から、より支払しやすい和解とさせて頂きますので、生活苦・多重債務等でお悩みなら、いち早く対応するのが望ましく思います。お電話お待ち申し上げております』

ティーアンドエスはなんとか電話をさせようと必死ですが、その理由は時効の中断にあります。

なぜなら、すでに5年の時効期間が経過しているにもかかわらず、ティーアンドエスに電話をしてしまい、今後の返済条件等について相手と話をしてしまうと、債務を承認したことになって時効の主張ができなくなるからです。

よって、時効の可能性がある場合はティーアンドエスへの電話は控えてください。

ただし、時効制度を知らないまま、いきなり請求書が届いたために、慌ててティーアンドエスに電話をしてしまったような場合でも、まずは諦めずにご相談ください。

相手と電話で話をすると債務承認となり時効が中断する可能性がありますが、必ずしも時効がダメになったとは言い切れない場合もあるので、ご自分で判断せずにまずはご相談ください。

時効の援用をおこなう

借金の場合、支払をせずにそのままにしておいても時効が成立することはありません。確かに滞納期間が5年以上になれば時効の可能性はあるのですが、何もしないままでは時効は成立しません。

借金の時効を成立させるためには内容証明郵便などで、ティーアンドエスに時効の通知を送る必要があり、これを時効の援用といいます。

つまり、借金の時効は時効の援用をすることで初めて成立するので、請求を放置しているだけではいつまで経っても時効が成立することはないということです。

なお、時効を援用をすることでJICCなど信用情報機関に影響があるかどうかですが、そもそもティーアンドエスの事故情報が載っていないことも多いです。

仮に事故情報が残っていた場合でも時効が成立するとJICCは事故情報をすぐに抹消してくれるので、時効の援用をすることで信用情報に悪影響が出ることはありません。

当事務所にご依頼された場合

ご自分で時効の援用をおこなう自信がない方は当事務所にお任せください。ご依頼された場合、ティーアンドエスからの直接請求が止まります。

これにより、電話や書面による請求、自宅まで取り立てに来られる心配がなくなります。そのうえで時効の条件を満たしているかどうかを調査し、確実に時効の援用をおこないます。

なお、当事務所がこれまでに手掛けたほとんどのケースにおいて時効が成立していますが、ごく稀にすでに裁判を起こされて直近10年以内に判決などを取られてしまっていることが原因で時効が成立しないことがあります。

そういった場合は支払義務があるということになりますが、もし、ティーアンドエス以外にも多額の借金を抱えてしまっているような場合は、すべての借入れをまとめて裁判所に自己破産を申し立てるという選択もあります。

可能性としては高くはありませんが、もし、ティーアンドエスの借金が時効の条件を満たしていないのであれば、時効の援用以外の選択肢を提示して最善の手続きを取ることが可能です。

遠方にお住いのために当事務所にお越し頂けない方

遠方にお住まいだったり、仕事などの都合で当事務所にお越し頂くことが困難な方は内容証明作成サービスをご利用ください。

こちらは当事務所にご来所頂かなくても手続き可能で、当事務所が内容証明郵便の発送までをおこなうサービスです(これまでに累計2000人以上の方がご利用されています)。

もちろん、以下の時効の条件を満たしている限り、当事務所が作成する内容証明郵便による時効の援用によって、借金の支払い義務がなくなり、ティーアンドエスからの請求も止まります。

☑ 5年以上借金を返済していない
☑ ここ最近10年間にこの借金について、相手から裁判などを起こされていない

お問い合わせ

当事務所はこれまでに5000人を超える方の借金問題を解決しており、ティーアンドエスへの時効実績も豊富です。

ティーアンドエスから請求が来てどうしてよいかわからない場合はお気軽にご相談ください。

いなげ司法書士・行政書士事務所

お電話 043-203-8336(平日9時~18時)

LINEで無料相談されたい方は「友だち追加」をクリックしてください

※LINE相談のご利用件数が000人を突破しました!

友だち追加

(友だち追加のURL)https://lin.ee/eQiyW85

お気軽にお問い合わせください

受付時間:平日9時~18時
電話番号:043-203-8336

メールでのお問い合わせはこちら