オリンポス債権回収の「弁済要請」と支払督促が届いた場合の対処法

「弁済要請」と裁判所から支払督促が届いたら

オリンポス債権回収とは

オリンポス債権回収(札幌市)は、法務大臣の許可を受けた債権回収会社(サービサー)です。つまり、借金の回収業務を専門におこなうことを国から認められた会社ということです。

よって、オリンポス債権回収からの請求はいわゆる架空請求とは異なりますので放置するのは得策ではありません。

なお、オリンポス債権回収が直接、債権を譲り受けて請求してくる場合と、債権者から回収業務の委託を受けて請求してくる場合があります。

もともとの借入先で多い会社

オリンポス債権回収は貸金業者ではありませんので、もともとの借入先は別の会社です。ご相談が多いのは当初の借入先がアプラスの場合です。

CFJ(ディック、アイク、ユニマット)、武富士、プライメックスキャピタル(キャスコ)、NISグループ(ニッシン)の場合もあります。

当初の債権者から合同会社OCC、有限会社ラックスキャピタル、エムズホールディング株式会社、株式会社MK.インベスターズ、株式会社キュ・エルに債権が譲渡されて、OCCなどがオリンポス債権回収に業務委託している事例の相談が増えています。

アプラス(当初の債権者) → OCC(現在の債権者) → オリンポス債権回収

時効の場合が多い

信販会社からのキャッシングやショッピングにも時効があります。もし、5年以上返済をしていないのであれば時効によって支払い義務を免れることができるかもしれません。

そこで、オリンポス債権回収から請求を受けた場合、まずは時効の可能性を検討する必要があります。

「弁済要請」の中に【請求債権に関する表示】がありますので、そこの「最終約定弁済期日」を確認してください。もし、この日付が5年以上前であれば時効の可能性があります。

時効の場合は「請求債権合計」に記載されている元金と遅延損害金を合わせた合計金額を一切支払う必要がなくなります。

ただし、過去に裁判を起こされてしまっていて、裁判所で判決などが出てしまっていると、時効がその時点から10年延長してしまいます。

時効が10年に延長してしまうのは判決に限らず、裁判上で和解した場合や自分で裁判所に特定調停を申し立てた場合も含まれます。なお、このような判決などを債務名義といいます。

時効が10年に延長する債務名義

☑ 判決
☑ 和解調書
☑ 調停調書
☑ 仮執行宣言付支払督促

なお、債務名義を取られているかどうかは弁済要請などの請求書を見てもわかりませんので、これまでに裁判所から書類が届いた覚えがないのであれば時効の可能性があると思ってよいかと思われます

電話をしない

時効の可能性がある場合はオリンポス債権回収に電話をしないようにしてください。電話で分割払いの話などをすると債務の承認となって時効が中断するおそれがあります。

時効が中断する行為

☑ 電話で返済に関する話をする
☑ 和解契約書にサインする
☑ 借金の一部を振り込んでしまう

時効の中断とは、それまでの時効期間がリセットされることを意味します。ただし、電話で話をした程度であれば、必ずしも債務の承認といえない可能性もありますので、まずは諦めずにご相談ください。

裁判所から支払督促が届いたら

時効は放っておいても自動的に成立することはありません。よって、5年以上返済をしていないからといって、何もせずに放置しているだけでは請求が止まることはありません。

オリンポス債権回収の場合、時効の手続きを取らずに放置していると、支払督促という裁判手続きを起こしてきたり、自宅まで取り立てに来ることがあります。

実際に裁判所から支払督促が届いてから当事務所にご相談される事例も少なくありません。もし、支払督促を受け取った場合は2週間以内に裁判所に異議申立書を提出しなければいけません。

異議申立書を提出しないとオリンポス債権回収の請求がそのまま認められて時効がその時点から10年延長してしまいます。

また、仮執行宣言付支払督促が確定した場合、オリンポス債権回収は債務者の預貯金や給料、不動産などのを差押えることができるようになります。

よって、裁判所から支払督促が届いた場合は絶対にそのまま放置せずに、まずは時効の可能性があるかどうかを確認してください。

支払督促を受け取った際の注意点

支払督促は主に以下のようなページ構成になっています。

1ページ目 表紙
2ページ目 当事者目録
3ページ目 請求の趣旨及び原因
4ページ目 取引計算書

表紙には大きな文字で支払督促と書かれています。当事者目録には債権者と債務者の住所などが記載されています。3ページ目には請求されている金額や契約してからこれまでの経緯が書かれています。

4ページ目はこれまでの入出金の計算書になっていますが、もし、ショッピング代金の請求だと取引計算書は添付されていません。

時効かどうかは取引計算書が添付されていれば、最後の入金日で確認できます。計算書が添付されていなければ3ページ目の請求の原因に「期限の利益喪失日」があれば、その日付を確認してください。

時効の可能性がある場合は、異議申立書の「分割払いを希望する」にはチェックしないようにしてください。もし、分割払いを希望してしまうと債務を承認したことになり、時効が中断してしまいます。

なお、異議申立書を提出するだけでは、オリンポス債権回収が支払督促を取り下げるとは限らず、その場合は支払督促から通常の裁判手続きに移行されるので、その場合は後日、裁判所から口頭弁論期日の呼出状と答弁書が送られてきます。

もし、オリンポス債権回収が支払督促を取り下げたとしても、それだけでは最初から裁判がなかったことになるだけなので別途、内容証明郵便で時効の通知を出しておいた方が安全で確実です。

時効の援用手続きを取る

5年以上返済をしていない場合は、内容証明郵便などの書面でオリンポス債権回収に時効の通知を送る必要があります。これを時効の援用といいます。

時効の援用をすることによって、初めて時効が成立し、借金の支払い義務がなくなります。しかし、相手は借金回収のプロですからご自身での対応にはリスクが伴います。

ご自分で時効の援用手続きを取るのが不安な場合は、当事務所までご相談ください。債務名義などの時効の中断事由がない限りは、確実に時効の援用をおこないます。

もし、すでに裁判所で判決などを取られていて時効が中断している場合は、そのまま分割和解に切り替えることができるので、安定収入があれば分割和解をすることで解決いたします。

裁判所から支払督促が届ている場合は、そちらの裁判手続きも含めて当事務所が手続きをお受けすることが可能です。

なお、時効の条件も満たしておらず、分割返済をするだけの経済的余裕もない場合は、裁判所に自己破産の申し立てをするという選択もあります。

実際に自己破産をすることができるかどうかは、ご本人の経済状況やその他の借金の有無などによって変わってきますので、時効や分割和解が成立しない場合は、その時点の最善の選択肢をご提案することで解決を図ります。

当事務所にご依頼された場合

☑ 中断事由がなければ確実に時効の援用をしてもらえる
☑ 本人への直接請求が止まる
☑ 時効の条件を満たしていない場合は分割和解の交渉もできる
☑ 支払督促の手続きもお願いできる

ご来所が難しい方はこちら

遠方にお住まいの方は内容証明作成サービスで対応可能です。こちらは当事務所が内容証明郵便の作成と発送までを代行する手続きです。お急ぎの場合は即日対応も可能です。

当事務所にお越し頂かなくても手続きが可能なので、遠方にお住まいの方や仕事や育児などでご来所する時間が取れない方に最適なサービスとなっており、これまでに1000人を超える方のご利用があります。もちろん、以下の条件を満たしている限り、消滅時効が成立しますのでご安心ください。

時効が成立する条件

☑ ここ5年の間に一度も返済をしていない
☑ ここ10年の間に相手から裁判を起こされていない
☑ オリンポス債権回収に電話をしていない

お申し込みの際は請求書や支払督促の画像をLINE、メール、FAXのいずれかの方法で送って頂くか、営業時間内であればお電話でお問い合わせください。

当事務所が時効の可能性があるかどうかを診断しますので、お手続きを希望される場合は最短でその日のうちに内容証明郵便の発送が可能です。

お一人で悩まずにまずはお気軽にご相談下さい。

信用情報機関への影響

オリンポス債権回収に対して、時効の援用をおこなった場合にJICCやCICなどの信用情報機関に何か悪影響が出るのではないかと誤解されているがいますが、信用情報に全く影響はありませんのでご安心ください。

そもそも信用情報機関に登録できるのは現在も営業をおこなっている貸金業者ですが、オリンポス債権回収は貸金業者ではなく、国から借金の回収を専門におこなうことを認められた債権回収会社(サービサー)ですから、信用情報機関に登録することができません。

債権回収会社は借金回収のプロではありますが、実際に自分たちがお金を貸すわけではありませんので、オリンポス債権回収に対して時効の援用をしても、新たに信用情報機関に事故情報が登録されることはありません。

また、現に貸金業を営んでいるアプラスなどが債権回収会社に債権を譲渡した場合、一定期間経過後に事故情報が抹消されますので、オリンポス債権回収から請求を受けている時点で、すでに事故情報が抹消されていることがほとんどです。

お問い合わせ

当事務所はこれまでに4000人を超える方の借金問題を解決しており、オリンポス債権回収への時効実績も豊富です。

オリンポス債権回収から請求が来てどうしてよいかわからない場合はお気軽にご相談ください。

いなげ司法書士・行政書士事務所

お電話 043-203-8336(平日9時~18時)

LINEで無料相談されたい方は「友だち追加」をクリックしてください

友だち追加

※LINE相談のご利用件数が2000件を突破しました!

業者別の対応

お気軽にお問い合わせください

受付時間:平日9時~18時
電話番号:043-203-8336

メールでのお問い合わせはこちら