れいわクレジット管理から請求された場合の対処法

れいわクレジット管理から「残高証明書」「通知書」「催告書」が届いたら

三菱UFJニコス株式会社の借金の件で、MUニコス・クレジットの新しい社名のれいわクレジット管理株式会社から「通知書(催告書、督促状)」「お知らせ」「残高証明書」が届いたという相談が令和3年末頃から急増しています。なお、通知書には以下のような記載があります。

「弊社は三菱UFJニコス株式会社から分割した会社となります。さて、先般より貴殿の借入金のお支払いについて請求しておりますが、未だご入金がなく業務上支障をきたしております。つきましては、至急弊社にご連絡の上、下記ご請求金額を〇年〇月〇日までにお支払い下さい」

三菱UFJニコスから借り入れをした覚えがなくても、以下の会社から借りている場合も対象となります。以下の会社から借り入れをした覚えがなく、心当たりがない場合でも、れいわクレジット管理からの請求はいわゆる架空請求とは異なりますので、適切な対処が必要となります。

☑ ダイヤモンドクレジット
☑ ディーシーカード
☑ 三和カードサービス
☑ フィナンシャルワンカード
☑ ミリオンカードサービス
☑ UFJカード
☑ 日本信用販売
☑ 日本信販
☑ 協同クレジットサービス
☑ UFJニコス

時効の可能性が高い

クレジットカードによるキャッシングやショッピングにも5年の消滅時効の適用があります。れいわクレジット管理からの請求の場合、ほぼすべてのケースにおいて5年以上の滞納だと思われます。なお、時効が成立した場合は、遅延損害金だけでなく元金についても一切の支払い義務がなくなります。

れいわクレジット管理の通知書には、利息や損害金の記載がなく、元金のみの請求となっていますが、あとから利息や損害金も請求される可能性がないとは言えません。よって、請求金額が少ない場合も支払うよりは、消滅時効の主張をした方が安全だと思われます。

※ 当事務所でこれまでにご依頼をお受けした案件の中で、滞納期間が5年未満であったり、10年以内に裁判を起こされている等の理由で時効が成立しなかった事例は今のところありません

電話で時効が中断(更新)する場合がある

5年の時効期間が経過しているにもかかわらず、それに気づかずにれいわクレジット管理電話をしてしまい、今後の返済について相談したり、減額のお願いをしてしまうと債務を承認したことになり、時効が中断(更新)してしまうことがあるのでご注意ください。その場合は、時効がいったんリセットされてゼロから進行することになってしまいます。

借金の一部をすでに振り込んでしまったような場合は確実に時効が中断(更新)しますので、請求書が届いたからといって安易に振り込みをしたり、電話をしないようにご注意ください。なお、電話をかけて減額や分割払いのお願いをしたような場合も債務承認に該当することがありますが、この辺はケースバイケースなので、まずは諦めずにご相談ください。

債務承認に該当しないために気をつける3つの行為

☑ 自分から電話をかけず、相手からかかってきても出ない
☑ お金を振り込まない
☑ 支払いを認めるような書類にサインしない

時効の援用をおこなう

借金の消滅時効は5年の経過とともに自動的に成立するものではなく、内容証明郵便などの書面で時効の通知を送ることで初めて成立します。これを時効の援用といいます。よって、5年以上滞納している借金の件で、れいわクレジット管理から請求された場合は、すみやかに時効の援用をおこなってください。

消滅時効が成立することで借金の支払い義務がなくなり、その結果としてれいわクレジット管理からの請求もなくなります。なお、時効の通知をする方法に決まりはありませんが、電話で時効だと伝えてもおそらく処理してもらえません。そればかりか、相手のペースで話が進んでしまうと、債務承認による時効の中断(更新)のリスクもあるので、くれぐれも電話はかけないようにしてください。

時効の援用をおこなう際の注意点

☑ 電話ではなく、必ず書面で通知する
☑ 配達証明付きの内容証明郵便で通知するのが最も安全で確実

ブラックリストに載ってるの?

一般的に借金の支払いが滞ると、CICやJICCといった信用情報機関に事故情報が掲載され、この状態をブラックリストに載るといいます。ブラックリストに載ってしまうと、融資を受けたり新たにカードが作れなくなったりします。

しかし、信用情報機関に登録しているのは、現時点において貸金業を営んでいる会社に限られますが、れいわクレジット管理はすでに貸金業を廃業して、既存の貸付金の回収のみをおこなっている会社なので信用情報機関に登録していません。よって、信用情報を確認してもれいわクレジット管理の事故情報は載っていません。

ブラックリストに載っていなければ、そのままにしておいてもいいのではないかと勘違いしがちですが、借金は依然として残ったままなので、時効の援用をせずに請求を無視したり放置しているだけでは、れいわクレジット管理の請求が止まることはありません。よって、すみやかに時効の援用をおこなう必要がありますが、それによって新たに事故情報が掲載されることも一切ありませんのでご安心ください。

信用情報の正しい知識

☑ れいわクレジット管理は貸金業者ではないのでCIC、JICCには登録されていない
☑ 時効の援用をしてもあらたに信用情報に傷がつくことはない
☑ 事故情報が載っていなくても借金は残っているので時効の援用をする必要がある

ご自分で手続できない方

時効の援用をするといっても相手は借金回収を専門におこなっている会社なので、ご自分で手続きをすることに不安を覚える方は少なくないと思われます。そういった方は当事務所にお任せください。ご依頼された場合、れいわクレジット管理からの直接請求が止まります。また、当事務所が時効の条件を満たしているかどうかを調査したうえで確実に時効の援用をおこないます。

ご依頼された場合のメリット

☑ 自分への直接請求が止まる
☑ 時効の中断(更新)事由がない限り、確実に時効が成立する
☑ 裁判を起こされた場合の訴訟対応もお任せできる

遠方にお住まいであったり、お仕事などの関係で当事務所にお越し頂くことができない方からのご依頼もお受けできます。その場合は、当事務所が内容証明郵便の発送までをおこなう内容証明作成サービスでの対応となりますが、時効の条件を満たしている限り、当事務所が作成する内容証明郵便による時効の援用によって、消滅時効が成立するので借金の支払い義務がなくなります。

よって、遠方にお住まいの方もまずはお気軽にLINE、メール、お電話でお問い合わせください。お急ぎの方は最短でその日のうちに内容証明の発送が完了いたします。これまでに3000人以上の方がご利用されております。

内容証明作成サービスのメリット

☑ 自宅にいながら簡単スピーディーに申し込み可能
☑ 当事務所へのご来所が不要なので日本全国対応
☑ 時効の中断(更新)事由がない限り、確実に時効が成立する

内容証明作成サービスはこちら

お問い合わせ

当事務所はこれまでに5000人を超える方の借金問題を解決しており、れいわクレジット管理への時効実績も豊富です。れいわクレジット管理から請求が来てどうしてよいかわからない場合はお気軽にご相談ください。

いなげ司法書士・行政書士事務所

お電話 043-203-8336(平日9時~18時)

LINEで無料相談されたい方は「友だち追加」をクリックしてください

※LINE相談のご利用件数が000人を突破しました!

友だち追加

(友だち追加のURL)https://lin.ee/eQiyW85

お気軽にお問い合わせください

受付時間:平日9時~18時
電話番号:043-203-8336